東京ディズニーシー/東京ディズニーリゾートを満喫

sea

友人たちと東京ディズニーシーへ行ってきました。

私は関西、友人たちは九州に住んでいて一緒に行くことができないため、私が東京に前泊して、友人たちは夜行バスで東京へ到着後、私と合流してからディズニーシーへ向かいました。
予定では開園前に到着予定でしたが、開園時間を少し過ぎてからディズニーシーへ到着しました。

今までディズニーランドへ行ったことはありましたが、ディズニーシーは初めてだったので無計画のまま、歩いて行って気になるアトラクションがあれば乗ろうということでふらふら歩いて行きました。

私はディズニーのキャラクターでプルート(ミッキーの愛犬)が大好きなので、プルートのぬいぐるみをバッグに入れて、顔だけ外に出していたところ、他の来園者の方に「かわいい。どこで買われたのですか?」と声をかけられました。
そのように声をかけられたことは初めてだったので戸惑いましたが、これも魔法の国ならではの交流なのかと思いました。

最初に乗ったアトラクションはインディージョーンズでした。
私は絶叫マシーンが苦手ですが、せっかくディズニーシーへ来たからには頑張って乗ろうと思い、ドキドキしながら乗りました。

思ったより怖くなかったですが、最後の方に大きな岩らしきものが出てきた時は叫んでいました。
ここは写真のサービスがある場所ですが、出る時にチェックしたら皆すごい顔をしていて笑いました。

次にストームライダーに乗って、ちょっと小休憩をする意味でアクアトピアに乗りました。
このままアメリカンウォーターフロントエリアへ進もうとしたところ、パンフレットを見ていた友人が気になるものがあるから戻りたいと言って、気になると言っていた海底二万マイルへ行きました。

その後、マーメイドラグーンやアラビアンコーストで遊んだ後、ダッフィーのショーを見ながら食事をしました。
ショーを見るまでダッフィーの魅力等は理解することはできませんでしたが、ショーを見た後はちょっとかわいいかもしれないと思い始めていました。
食事後、アトラクション優先での行動を一旦やめて、友人たちとの共通の趣味である写真撮影を行いました。

風景やキャラクター等、園内を歩きながら撮影したり、途中で気になるアトラクションがあれば乗ったりしていました。

それでも夜のパレードまで時間があったので、先にお土産を買うためにショッピングを済ませ、夕食もとってから夜のパレードを鑑賞しました。
少し遠くから鑑賞していましたが、夜なのでキレイに見えたこと、迫力も十分伝わってきました。

近くで見ることができたら迫力に圧倒されていただろうと思います。
最後は花火を鑑賞してディズニーシーを後にしました。
まだ気になるアトラクションやショーはあったけど、次に行く機会までにとっておこうと思っています。

東京ディズニーシー

所在地: 〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1−13
開園: 2001年9月4日
電話: 0570-008-632

ホームページ

http://www.tokyodisneyresort.jp/tds/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。