息子とユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)でデート

息子と2人、デート気分で以前から約束していたUSJへ行ってきました。

usj

やはり、1番の御目当てはウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターです。
息子と一緒に小走りで、向かいました。

image
人が多く全力疾走は無理でした。
ホグズミード村とライドアトラクション両方楽しみたいところですが、なんせ人が多く1時間という時間制限をかけられてしまいました。
とりあえずお約束のバタービールを求めてホッグズ・ヘッド・パブへ向かいました。
冬の時季限定のホットバタービールもあります。
カンパーイと息子は嬉しそうにバタービールをひとくち「うまい」とひと言、私はホットをいただきました。
ビールというより、バター感が強い飲み物。
嫌がる息子に無理やり泡でヒゲをつけて写真をパシャパシャ撮りました。

オリバンダーの店も大変行列が出来ていてとても無理そうだったので魔法の杖を欲しがる息子をなんとかなだめてハニーデュークスへ行き、魔法の杖そっくりチョコを購入しました。

フライド・オブ・ザ・ヒッポグリフに並びましたが結局時間オーバーになってしまいあきらめました。

入場整理券も発券されていて、エリア内にスムーズには入れますが、1時間の制限時間内というのがきついですね。

次に向かった先は、モンスターハンター・ザ・リアルです。
3DSを持参、モンスターハンターのゲーム内に何かダウンロードしたいものがあるらしいです。
息子は満足そうに、「ゲットしたよ〜」と喜んでいます。
いまいちモンスターハンターの世界観は何がいいのか、私にはわかりませんが息子が喜んでくれればそれでいいのです。

骨付き肉もしっかり食べて満足そうです。

image

次はきゃりーぱみゅぱみゅのXRライドに向かいましたが、まぁなんと待ち時間は5時間待ち。
無理だね。
5時間も待てないね。
どーしょう。
ジェラシック・パーク・ザ・ライドは閉まってるし。
バイオハザードや進撃の巨人は恐いからイヤだと言うし。

せめて写真だけ。

image
セサミ・セントラルパークは、さすがに恥ずかしいから見るのはいいけど乗るのイヤだと言うし。
そのくせ、首から大きなミニオンズのポップコーンを
ぶらぶらとぶらさげています。
妖怪ウォッチは卒業したと言うし。
難しいわぁ〜。

結局、スパイダーマン・ザ・ライドに行って、1時間待ちで乗る事ができたのでもう一度並んで、2回楽しんだ後、「車で飛ぶのがいい」というのでバック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライドへ向かいました。
もう私はフラフラでお願いだからこれは1回で終わりにしてねと言いました。
私にはスパイダーマンもバック・トゥ・ザ・フューチャーもあまり変わらないような気がします。

帰る前に何か食べたい、そしておみやげを買って帰りたいというので、正直ライドに乗った後によく食べれるもんだなぁと思いましたが、「ハイハイ」と言って何を食べるか相談することにしました。

結局、ハンバーガーとフライドポテトと炭酸飲料です。
満足そうに大きなハンバーガーをほおばっています。
お腹いっぱいになって、おみやげショップを見に行くころにはあたりはすっかり暗くなっていました。
早く帰らないとという気持ちと、まだまだ帰りたくないという気持ちがごちゃまぜになっています。

手をつないで、エントランスへ向かいました。
「また来ようね、ママ」と息子が言いました。
「うん、また来ようね、楽しかったね」と私は答えました。
どうして息子ってこんなにかわいいんでしょう。
母親が喜ぶ言葉をちゃんと知っているのです。
「連れて来てくれてありがとね、ママ」
いえいえ、何をおっしゃいますやら。
私こそ「ありがとう」。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの楽しい1日は、あっと言う間に終わりました。


ユニバーサル・スタジオ・ジャパ USJで1日を楽しく満喫できる方法。

入場したらまず、キャストに声を掛け「ハッピーバースデイシール」を息子と私の分の2枚もらい、目立つ胸元に貼ります。このシールを見たキャストは、必ず大きな声で「ハッピーバースデイー!楽しい1日を過ごしてね!」と声を掛けてくれます。

ハリーポッターエリアにも10:30~の時間指定で余裕を持って走ってチケット確保しに行かなくても良いので、ゆったりとユニバーサルワンダーランドで並んでいるけれど乗りたい物の「よやくのり」のチケットを取っておいて、その時間になるまで、ある程度空いている乗り物を乗ったり、室内で大きなスポンジのような素材でできた積木のようなもので遊んだり、大きな風船を投げて遊んだり、アスレチックのようなもので遊んでハリーポッターエリアの入場時間になる前に、ぼちぼちカリーポッターエリアに移動開始。

10:45~「フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ」に長い行列の横の通路に、並ばずに待ち時間0分で乗り優越感を感じながら楽しみ
11:15~「世界初3D ハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」に続いて長い行列とは別の入り口から入場して、これもほぼ待ち時間0分ほどで乗り、凄く興奮して楽しむことができました。

ロイヤル・スタジオ・パスがある事で、待ち時間が今までも全くなかったので、安心して心に余裕が持てているので、ハリーポッターエリアを出た後もゆっくりとベンチに座り、ターキーレッグを食べてお昼ご飯にしたり、顔にイラストを描いてもらったりして、ゆっくりした後で、息子が大好きなジョースに乗り込み、息子とノリノリで「あっ!あそこにジョーズが!!」など、一人の出演者を演じる事で、ユニバーサルスタジオジャパンのキャストの一員になれることで、楽しみも増します。周りからどう思われようが、大げさに演じることが大切です。
最初は恥ずかしくても、終盤はみんな一丸となっての冒険が出来るからです。

「ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショー」では早めに入場できるので、一番最前列の真ん中あたりに座ると、ビートルジュースが指名して話しかけてくれたりしてとても楽しめます。しかしながら、息子は怖がりなので今まで4度入っているのですが、いまだに怖さの方が勝ってしまい固まっていますが、一緒にウエーブは楽しんだり、ビートルジュースがギャグをいう事に対して、先に突っ込みを入れて楽しんでいます。

「ウオーターワールド」でも早めに入場できるので、真ん中寄りの、わざと「びしょ濡れゾーン」の青いベンチに座り、靴下を脱がせ、運動靴からクロックスに履き替えさせて、ショーが始まって、真ん中から右と左に分かれて「ディーコンへのブーイング対決」があるのですが、負けたチームの人の中から何人も代表で前に出てバケツで水を掛けられることがあるので準備していましたが、先日は前に出ることは無くなっていて、まんべんなく水を、ぶちまける事だけでしたので着替えを持参はしていましたが、必要なかったです。
おそらく寒い時期だったからかな?と思います。

「ジェラシック・パーク・ザ・ライド」では、100均で購入して持参していたポンチョを着て、5分ほど並びましたがスムーズに入場して、びしょ濡れになりながら、毎回楽しんでいます。

「スペースファンタジィー・ザ・ライド」では以前からも待ち時間はありましたが、もっと長い待ち時間になっていましたが、息子も、私もきれいな星空の中を予想できない動きのライドが好きなので、待ち時間に耐えて乗りました。凄く楽しくて、夢がある乗り物です。

「スパイダーマン」では以前は待ち時間0分でしたが10分ほど並び、ライドに乗り込みワーワー言いながら楽しんで、1日を満喫して、息子も私もパレードはあまり興味が無いので18時にはユニバーサルスタジオジャパンを後にしました。

以前は何度も繰り返し同じものに待つ時間0分で乗っていたのですが、ハリーポッターが出来たことで、「ユニバーサル・エクスプレス・パス」と同じ通路に並ぶようになりハリーポッター以外は待ち時間が発生してしまう事、ショーも子供が「何度も見たからもう良い。」と言い出した事で、今後は「ユニバーサル・エクスプレス®・パス 7 」で入場しようかと思っています。

色々と楽しめる乗り物や、見ているだけでも楽しくなる風景を楽しめるので、毎年欠かさず行くところです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。