ペット(犬や猫)の殺処分って心が痛みます

ペット殺処分で泣く女性

ペットの殺処分のニュース。

見るたびに心が痛みます。

私の家の近くにはショッピングモールがあるのですが、そのなかにペットショップがあって、小さな子犬や子猫たちが生体販売されています。

平日でも、結構な人でにぎわっています。

私も動物は大好きです。しかしそのショーケースの子供たちをみるといたたまれない気持ちになります。

自分達に置き換えて考えてみてください。生後2カ月や3カ月の赤ちゃんがショーケースに展示されて、時にはディスカウントという値札まで貼られて売られているとしたら。

どう考えても、私にはこれは普通の事だとは思えないのです。しかも買ってみたら手に負えなくて保健所に持っていく飼い主もいるなんて、あまりにも命が安く扱われ過ぎです。

動物のことを本当に考えている人ほど、そんなに安易に手は出せないはず。

ペットショップで生き物を買う人が全てそうだという気はないですが、あのような扱いをすることによって、動物を飼うに当たってのハードルが不当に下がり過ぎているようにも思うのです。

どうしても特定の犬種が飼いたいというのなら、その犬が自然に繁殖して子供を産むまで待つくらいの事はすべきです。

いつペットショップに行ってもチワワやプードルがいる、という状況は、犬の命とスーパーの野菜の価値が同じように扱われているように思えてなりません。

飼うのも運転免許みたいに登録制にした方が良いんです。で、違反行為をしたら、もうペットを飼えなくなるようにするとかね。

命っていうのはそれくらい重いものだと思います。

私は昔実家で犬を飼っていましたが、その犬は、親が保健所から譲渡してもらった犬でした。
私は実家の犬を見て、「どうしてこんなかわいい犬が捨てられているんだろう」と疑問に思ったものです。

今後自分が動物を買うとしても、きっと保健所から引きとったり里親制度を利用すると思いますね。

ペットショップも生体販売を重視するのではなくて、ペットの健康を維持するグッズやフードを専門に扱うようにすればいいのにというのが、私の考えです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。