居酒屋は1軒でも多くの魅力が満載、テイクアウトでおうちごはんも充実

居酒屋はそれぞれのお店にコンセプトがあり、個性で人を惹きつけています。

以前は和風居酒屋・洋風居酒屋など、コンセプトや得意メニューがきっちり別れたお店が多く、その日の気分やメンバーでお店を変える飲みスタイルの方が多かったのではないでしょうか。和洋だけでなく、アラブ風のお店や、忍者屋敷のようなお店など、居酒屋にはきりがないほど多くのコンセプトがあります。

ここ何年かは和風居酒屋で洋風メニューがあったり、その逆で洋風居酒屋で和風メニューを楽しんだり、日本酒を嗜んだりというスタイルが増えてきました。これは私達にとって大歓迎で、和洋折衷だと好みに関係なくどんなメンバーとでも行きやすくなります。和洋両方ダメという人はまずいないからです。

中華がメインの居酒屋では強めのお酒も多く置かれていますので、強いお酒が好みの人に向いています。お店によってお酒に力を入れているケースと、お料理に力を入れているケースがあるので、褒める時にはメニューでどちらが凝ったものが多いか、チェックするといいです。中華居酒屋では東南アジア料理をやっていることもあります。

外国がコンセプトだったり、外国人オーナーのお店は海外気分に浸れるのも魅力です。

居酒屋さんのオーナーにはお料理上手が多く、得意分野でなくてもサッと美味しいメニューを作ってしまいます。よくまかない料理で出てくる感じです。裏メニューで常連さんにはまかない料理を出してくれるお店もあるので、何度か通っても楽しく過ごせます。

和風居酒屋のお刺身がカルパッチョに変身すると、とてもおしゃれです。カルパッチョと共にいただく日本酒も粋な感じで、ドリンクをワインなど洋モノに変えたりすると美味しくて止まらないことさえあります。ドリンクのセレクトをオーナーに任せても素敵なお酒タイムとなるでしょう。

おひとりさまで飲む時は、にぎやかな居酒屋よりもしっぽり系のお店や、小さめの居酒屋が落ち着きます。オーナーは基本的に気遣い上手ですので、無理にお酒を勧めることもなく、自分のペースで楽しめるのが魅力です。時には愚痴を聞いてもらったり、一緒に笑い合ったりという楽しみ方もできます。

どのお店でも必須なのは、美味しいお料理と共におしゃれで素敵な店内です。

店内装飾や器はオーナーの「色」がしっかり出るので、居酒屋に行ったら真っ先に見てみましょう。調度品から話が膨らんでオーナーや他のお客さんと盛り上がったり、意気投合することもあります。居酒屋ではお酒やお料理だけでなく、お店全体の雰囲気も楽しみましょう。

テイクアウトをやっている居酒屋もあるので、あまりに疲れて居酒屋で飲む気がしない時はテイクアウトが最適です。

中には店頭に自販機を設けている居酒屋もあり、気軽に居酒屋メニューを楽しめるようになりました。

居酒屋メニューをテイクアウトして、おうちごはんというスタイルも主婦の方に人気です。普段と違うだけで家族受けは抜群なので、時々使うと楽しい食卓になるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。