大阪市 天王寺公園ボーネルンド プレイヴィル 長時間楽しめる工夫のされた施設

bornelund

大阪のボーネルンドプレヴィル天王寺公園

広さの割には思ったより長時間楽しめる工夫のされた施設

梅田のグランフロントのボーネルンドには何度か行ったことがあったのですが天王寺ボーネルンドにはこないだ初めて行ってきました。
代休の月曜日、実はこういう室内施設はどこでもそうらしいのですが、月曜日はとにかく混むのだそうです。みんな考えていることは同じ。
平日でも営業時間開始すぐに行くことをお勧めします。
どうせ一日分のお金を払うのだから早起きして行くべきかと思います。

今一番開発の進んでいる天王寺にできたこの施設は似たような室内遊具だけでなくて自分で絵をかいたりできるスペース(アトリエゾーン)そして屋外施設(自然遊びゾーン)があるところ。これだけタイプの違う施設が一緒になっていると子どもも飽きずに長い時間遊んでくれます。

息子も最初はソフトブロックやボールプールといったどこにでもある遊具で遊んでいたのですがちょっとすると飽きてしまい屋外施設へ。
この屋外施設お洋服が汚れないようにと長靴(サイズ各種 クロックスでした)とエプロンを無料貸し出ししてくれます。

私はここが気に入ったのですが思う存分安全な泥遊びができる貴重な場所だと思いました。
近所の公園ではどうしても不潔感否めないのですがここは大丈夫。
なので帰れるくらいのぎりぎりの汚さまで汚すのを許しました。
でも着替えを持ってきておいた方が無難です。

木造遊具とても素敵なのですが正直狭いです。

そしてアトリエゾーンと呼ばれる自由に絵を書いたりモノをつくったりするスペース。
壁に落書きをするのが好きなお子さんにはここで思う存分大きな模造紙に落書きをしてストレス発散してもらいましょう。
息子はランダムに黒い線で描かれた模様に色を塗りつけていました。
一緒に来たお友達の作品がとても素敵だねということで外遊びとアトリエの間のガラス窓に
一時的に展示してもらっていました。
子どもは自分の書いた絵が張り出されること意外と喜ぶのだなあと感じました。

もう一つここのいいところは昼食に困らないところです。
すぐ横にもレストラン、コンビニもほぼ前にあります。すぐ地下にはあべちかというレストラン中心の地下街もありますし天王寺MIO、近鉄、キューズモール大阪などなど.

たいてい施設の周辺にあまり食事処がなくて施設内の不味くて高い食事を食べる羽目になることも多いのですがここではその心配はいりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。