やはり本場で食べる越前ガニは絶品!

kani

冬の日本海。皆さんは、どんなイメージをお持ちですが?暗くて寒くて波が荒くて、といったネガティブなイメージが浮かんでくるかもしれません。でも、待ってください。冬の日本海といえば、お忘れですか?カニです。ズワイガニは冬の日本海にしか居ないんです。
ズワイガニは山口県以北の日本海に生息する冬の味覚の王様です。取れる場所により、様々な名前で呼ばれます。松葉ガニ、間人ガニ、そして、越前ガニ。福井県の越前地方で取れたズワイガニを通称越前ガニと言います。今回は、本場福井県に越前ガニを食べに行ったときの事をご紹介します。
福井県越前地方。敦賀市から越前海岸沿いのエリアで、この沖合で越前ガニは獲れるのです。この越前海岸沿いには旅館や民宿、料理屋が点在し、シーズンには大型バスが乗りつけるほど、越前ガニツアーで賑わいます。宿泊をして、美味しいお酒とカニを楽しむのもまた良いですが、夕食だけじゃなく、昼食に堪能できるお店も越前には多く、関西方面からであれば、日帰りでカニが楽しめるので大変お勧めです。
ということで、財布が少々心もとない私は、お昼にお邪魔しました。お邪魔したのは、魚屋さんが直営するお食事処こまつ亭さん。お昼に行くメリットといえば、やはりお値段。夕食で食べる価格の半額程度で、本場の越前ガニが楽しめます。こまつ亭さんに限らず、大体、どこのお店もカニ尽くしのメニューです。お値段の違いはカニの大きさでしょう。もちろん、カニコロッケやカニ味噌丼といった、カニを使ったメニューもありますが、せっかく本場まで来たんですから、ここはカニを丸ごと1匹食べられるコースを選びたいですよね。
茹でカニ、甲羅焼き、焼きガニ、カニ刺し、朝獲れ刺身。カニと魚介類がこれでもか、というくらい出てきます。一つ一つが甘くて美味しくて、カニをほじくる手が止まりません。カニを食べる時のデメリットとしては、食べてる最中は会話が無くなってしまうので、付き合いの浅いカップルで行ってしまうと、ちょっと気まずくなるかもしれないのでご注意を。そうして、カニでお腹を満たした後は、近くの三国温泉や芦原温泉で温まって帰る、というのが、私のカニツアーの過ごし方です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。