日本人のヘアカラーリングについて

毛を染めたいけどどんな色にしたらいいかわからない。
そんな悩みを持つ大学生の方は沢山いらっしゃると思います。
そんな時の髪色の選び方を簡単に紹介したいと思います。

まずよく言われる話ですが、髪を染めるときに似合う色は、瞳の色のツートーン上の色とよく言われます。
実際にこの選び方は無難ではありますが、この選び方は非常に有効だと思われます。
日本人は基本的に瞳の色は黒か茶色です。
真っ黒の瞳の人の金髪と茶色っぽい瞳をした人の金髪を思い浮かべてください。
きっと茶色の瞳をした人の金髪の方が容易に想像できるでしょう。
この様にやはり人によっては似合う色似合わない色がでてきます。
自分で判断できない方は友達や美容師の方に判断してもらいましょう。

2つ目の選び方ですが、髪質から選ぶことです。
人間は髪の元の色が三種類に分かれていると言われています。
黄色、オレンジ色、赤色の三種類です。
各々が上記の三種類に近い色を持っています。
ハイブリーチをすればすぐにわかると思います。

しかしハイブリーチをしてしまうと髪が傷んでしまいます。
そんな中での見分け方を紹介します。
まず、硬い髪、太い髪の方は赤色に近い原色を持っています。
そのためハイブリーチをしても色が抜け切れず、失敗をしてしまうこともしばしば、、、
そんな髪質の方は素直に赤系(赤茶など)の色を入れるととても綺麗に発色して馴染みます。

次に細くて柔らかい髪の方は黄色の原色を持っています。
柔らかく髪が傷みやすい性質ですが、思い切って金髪にしてあげると、まるで地毛が金髪なんじゃないかと思うほど綺麗に映えます。
金髪が怖いという方はアッシュ系のカラーがおすすめです。
色が抜けてきた時に黄色方向に抜けていくので、抜けてもなお綺麗な色を保てます。

最後に上記の中間の髪質の方は、オレンジ色の原色をもっています。
日本人にとにかく多いです。
この髪の方はどんな色でも染まりますがそこまでは綺麗に染まらないという器用貧乏なところがあります。
無難に行くならば茶髪が一番合う髪色です。

上記の2つの選び方をうまく組み合わせて、髪色を決めてみてください(#^.^#)
amazonでは以下のヘアカラーの人気が高いみたいですね~(^_^)/

ルシードエル ミルクジャムヘアカラー #生チョコガナッシュ (医薬部外品)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。