ゲルファンデーションのカバー力

160406f
ファンデーションにもたくさんの種類があります。
パウダリーやリキッドを使っている人は多いようですが、最近になってゲル状のファンデーションも販売されるようになってきました。
ゲル状なので伸びがとてもよいです。
カバー力にも優れています。

毛穴が目立っている人、気になっている人であればゲルファンデーションを使った上からフェイスパウダーを使ってみるとよいでしょう。
そうすることによって自然な仕上がりになるので、キレイなベースを作ることができます。

メイクはベースが基本です。
メイクアップの技術があっても、ベースがキチンとできていなければ、台無しになってしまいます。
ですから、自分に合うベース作りをすることはとても大切です。

ゲルファンデーションの場合、水分も多く含まれているので、下地も不要です。
それでも不安がある場合には下地を付けてからゲルファンデーションを乗せるとよいでしょう。
今までゲルファンデーションを使ったことがない人であっても、実際に使ってみたら意外と使いやすかった、キレイなベースを作ることが出来たという声もあるようです。

最近ではこのゲルの中に美容成分を含んでいたり、UVカット機能がついているものもあるので、紫外線が気になる頃に日焼け止めとして使うことも出来ます。
紫外線はお肌にダメージを与え、シミやシワの原因になります。
紫外線の刺激でお肌の奥深くにある細胞からの水分が蒸発をしてしまいます。
それが潤い不足にも繋がりますし、シミやシワに繋がってしまうのです。

ゲルファンデーションはお肌への刺激も抑えてあるので、敏感肌の人であっても使いやすいというメリットがあります。
コスメによるお肌の荒れやトラブルはできるだけ避けたいと思うでしょう。
メイクをしているのにお肌のトラブルを起こすようなことがあっては意味がありません。
お肌に優しいものを選択していくことも必要です。

ゲルファンデーションはドラッグストアでも販売していますし、通販でも購入をすることができます。
最近では通販でも定期購入をすることが出来るようになっているので、常に使うものであれば、定期購入をしてみるとよいでしょう。
定期購入であれば、割引も適用されるので、とても便利です。
お得な価格で購入をすることが出来るようになっているのも嬉しいです。

ファンデーションの中には厚塗りになってしまうものもありますし、毛穴をカバーすることを考えていて、結局は重ねすぎてしまうこともあります。
特にパウダリーはムラが出来てしまいますし、リキッドは厚塗りになってしまうことが多いです。
ゲルファンデーションであればムラも軽減させることができますし、リキッドのように厚塗りにはならないので、使い勝手もよいです。

一時、ミネラルファンデーションが話題になりましたが、ミネラルファンデーションは使い方が難しいので、しっかりと気になる部分をカバーすることができないということもあり、使う人の意見は賛否両論です。

ゲルファンデーションはパウダリー、リキッド、ミネラルファンデーションのいいところ取っているファンデーションです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。